西日本飼料

会社概要Company

ご挨拶
 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。本年度、当社は『人の安全』(労災ゼロ)、『製品の安全』(品質事故ゼロ)を目標に掲げ、配合受託生産50万トン(昨年度48.4万トン)に向けて、安全第一で日々の製造に励んでいます。
 今年で操業30年目を迎えますが、今後も引き続き、中国・四国・関西地区において、配合飼料生産の中核的役割を担い、安全・安心・高品質な製品をお客様にご提供できるように邁進して参ります。

代表取締役社長 大成 文雄

経営理念

「食品の安全性の確保」
西日本飼料は、食文化の一翼を担う企業として安全・安心で高品質な飼料の生産を行うとともに、コンプライアンスを徹底して「食品の安全性の確保」に寄与する。また、経済合理性の追求とサービスの提供を通じて顧客と共に繁栄することにより、常に成長志向を持ち続け、信頼性の高い企業として「地域社会に貢献」する。

会社概要

商号 西日本飼料株式会社
住所 岡山県倉敷市水島海岸通三丁目6番地3
TEL 086-444-2400
FAX 086-444-2300
設立 1989(平成元)年2月28日
操業開始 1990(平成2)年10月1日
資本金 490百万円
代表者 代表取締役社長 大成 文雄
事業内容 配合飼料の製造・販売及び付随・関連事業
株主 日清丸紅飼料株式会社(70.0%)http://mn-feed.com
全国酪農業協同組合連合会(22.5%)http://www.zenrakuren.or.jp/
明治飼糧株式会社(7.5%)https://www.meijifeed.co.jp/
主要取引金融機関 中国銀行
山陰合同銀行
広島銀行
社員数 23名(男性22名、女性1名)(2018年4月1日現在)
製造受託先 日清丸紅飼料株式会社、全国酪農業協同組合連合会、フィード・ワン株式会社
ISO認証など ISO22000認証取得(2016年12月)
省エネへの取り組み 2010年2月 エネルギー管理の改善で中国経済産業局長より表彰受賞

製造能力等

敷地面積 31,161m²
本工場 1990年10月操業開始工場棟 3,363m²(7階建)
倉庫棟 6,839m²(平屋建)
管理棟  672m²(2階建)
牛用飼料(A飼料)専用工場 2002年10月操業開始工場棟  858m²(7階建)
倉庫棟 1,200m²(平屋建)
生産能力 定時20,000トン(内 牛用 5,000トン)
月産40,000トン(内 牛用10,000トン)
特徴 1.西日本地区最大生産量
2.全畜種、全形状、全荷姿の製品に対応する設備を有する
3.主原料及び副原料の一部はパシフィックグレーンセンターより直接コンベア搬入受入
4.牛用飼料専用工場では、原料はコンテナでの受入可能
5.中央操作室、受変電室、品質管理室は管理棟に集約

組織図